リレー制御盤

オムロンMY型 リレー

オムロンMY型 リレー

人類初のコンピューターは真空管とリレー(継電器)でできていたといいます。
現在でも、ボール盤や半自動ロウ付け機の往復運動など簡単なロジックで制御されるものは、リレーとタイマとスイッチで構成されているものもありますし、古い制御盤だと相当複雑な制御をリレーロジックで実現しているものもあります。

リレー制御の長所は、単純な制御回路を入手性の高い部品で構築できるところです。ただし、短所が相当多いので、近年では少なくなっています。

リレー制御の短所は、まず「消耗する」こと、です。これは無接点リレーを使うことで解決できますが、量産品だとSSRなどを積んだロジック回路の基板で小型・低コストに代替できたりもします。あと、音が鳴る、動作が遅い、複雑になると高コスト、かさばる、変更・追加がしにくい、保守性が最悪、ということもあり、いまではPLC制御に代替され、古いリレー制御盤をPLCに置き換えてリニューアルする案件もあります。

大規模なリレー制御盤をいじったりリニューアルしたりするのは、解読がたいへんで、頭の中にコンピューターが入っているような頭のいい制御盤エンジニアがいないとなかなか難しいため、引き受ける会社も少ないかもしれません。
説明付きの回路図もなかったりすると相当ハードな作業です。

当社は・・・。予算次第で考えます。

制御盤プロダクト ↑ 機械制御盤のページに戻る 

→ 加工機の制御盤 検査機制御盤 マテハン制御盤 動力制御盤 プラント制御盤 サーボ制御盤 ロボット制御盤  リレー制御盤 マイコン制御盤 PC制御盤