遠隔監視盤

IMG_1791

遠隔監視盤は集中監視盤と同様の用途のものですが、拠点間を結ぶ通信機器(VPNルーターやmoperaのテレメトリング用 携帯電話など)が搭載されています。屋内同士だと帯域も広くついでにネット接続もできるVPNを使う場合が多いかと思います。屋外で太陽電池で動かす機械は携帯電話を使うことになるでしょう。

外部アンテナ接続のできる無線LANブリッジに屋外用指向性アンテナをつけて遠隔通信をすると見晴らしなら思いのほか飛びましたが、いまはWi-Fiの電波が混んでいるので人の多い地域では難しいかもしれません。

制御は、LAN対応のPLCか小型コンピューターを搭載することになります。

太陽電池やバッテリーで動かすのは色々ハードルがありますが、山林や山道を監視する用途では、「見れるときに見れるだけでだいぶ楽」だそうで、定期的に引き合いをいただいています。

太陽電池案件は機器が日進月歩ですので、予算がナンボぽっきりとならず「とりあえずいけそうなものを買ってつないでみて問題を見つけて対処する」作業が必要になるため、予算取りに苦労されるようです。きりがないのでうちの費用負担で確認するという案件はやりません。

制御盤プロダクト 監視盤のページに戻る

 センサー盤 映像監視盤 デジタルモニタリング盤 遠隔監視盤 遠隔SCADA盤 記録装置盤 計装盤 監視表示盤 ICカード盤 スマホ監視盤 警報盤